これは、ただのスプーン。


だけど、

わたしには、たった今 特別なスプーンになった。


これは今朝、みずから自分のぶんといっしょに

わたしのぶんも取りだしてくれたスプーン。



それは、さりげなくもたいせつに、想いつつも手放して

こぼしてきたわたしの声を 内側にうけっとって

それを自分のものとして 見せてくれた瞬間だった。




さしだされた そのスプーンは

まるで魔法のタンブルのようにわたしを光で満たした。




うれしそうに朝食をこぼさずに持っていく小さな背中を見ながら

わたしはそれを 両手でぎゅっと抱きしめていた。





2020.9.20