結び目をほどいて 広げた両手に 雨をうけて

​葉脈から ごくごくと雨を飲みほすような

 

そんな新しいできごとの中で

​ いつまでも 満たされている。